News

News
2024.02.28
Category お知らせ

20代~30代前半の76%が「ジュエリーはデザインが良ければ模倣素材でも良い」天然ダイヤモンドの止まらぬ安値を背景に、本物への憧れから「お手頃なら購入したい」といった声も

株式会社貴瞬(本社:東京都台東区、代表取締役 辻瞬、以下当社)は、「無価値」とされ捨てられてきた中古色石を、仕入れから販売まで自社で一貫して行う再生宝石(アップサイクルジュエリー)事業を行っています。

●天然ダイヤモンドでは14年ぶりの安値に
宝飾品の天然ダイヤモンドの国際価格が下落しており、2023年末には研磨済みの指標品が14年ぶりの安値となりました。価格下落の背景には、米国・中国などでダイヤ需要減少が影響しており、消費者の節約志向も高まっていることから、若者などの間では高額品のダイヤの売れ行きは鈍くなっていると言われています。

●50万円のダイヤモンドと同じデザインであれば5,000円を選ぶ人76%に
そこで、自分で購入するとしたら、「50万円の本物のダイヤモンドの指輪」と、「同じデザインで5000円ほどのダイヤモンドを模倣した素材の指輪」のどちらを購入するかというアンケートをとりました。
結果は本物が24%、模倣素材が76%となりました。
「単純に価格が抑えめがよい」「50万円は高価だが、20万円ほどなら本物を購入したい」といった回答がありました。

また、他には「ダイヤモンドは必要がない」「宝石に興味が無いのでほしいと思わない」といった、宝石の需要も低くなっている傾向が伺える回答もありましたが、「いつかは欲しい」と思っていた人にとっては、価格が下がっている今が購入のタイミングとも言えます。

<調査概要>
調査名:ダイヤモンドに関するアンケート
調査対象:20歳~35歳までの男女100人
調査方法:インターネット調査
調査期間:2024年2月20日~2月21日
モニター提供元:Freeasy

●地球環境にも優しいエシカルジュエリー
ジュエリー購入には新品を選ぶ方が多い現状がありますが、新品のジュエリーはそれなりの価格で販売されているため、購入するにも少しハードルが高い一面があります。
しかし、当社は新品同様に蘇らせた中古のダイヤモンドや色石を扱っているため、新品の宝石よりもリーズナブルな価格の¥19,800〜ジュエリーを手に入れることができます。「初めてジュエリーを購入する」「大切な人へのプレゼント」「自分へのご褒美」など、滅多にジュエリーを購入しないような方でも気軽にお求めいただけます。

●海外では中古宝石への抵抗が少なく、宝飾展示会の当社ブースでは海外のバイヤーを中心に大きな盛り上がりを見せる
当社は国内のみならず海外の展示会にも出展しており、毎回当社ブースでは、ショーケース前に近づけないほど大きな盛り上がりを見せています。主な顧客は中国・インド・ヨーロッパのバイヤーが大半を占めていることから、海外の人々の間では中古宝石に抵抗がないことが伺えます。